♪アトリエからこんにちは~♪
 
 
 
 
眠れなかったから・・
 
 
【2006/07/18 02:20】
 
 
真夜中、TVで、10歳で脳腫瘍を発病し11歳で亡くなった
豊島加純ちゃんの「いのちのいろえんぴつ」の放送を見た。
14編からなる、絵と詩の絵本は、私の心の中にずっしりと
入り込んできて、ますます眠れなくなってしまった。
かすみちゃんが、病気になった時に
先生からいただいたノートと色鉛筆ではじめて書いた詩です。
右手が不自由になっていたから、左手で一生懸命に書いた詩です。
「ここには12色の色がある。目立たない色もあるけど、みんな
 がんばって、ひとつひとつ」
病状が進んだ時に、書いた詩には・・
「先生が、このノートを見て、なみだを流してくれた。
 自分が書いたもので人が泣いてくれる。うれしかった。
 だから、がんばってかく」
絵も詩も、
素直な心で素直にみたそのまんまそのまんまが書かれていた。
なんでもないような、絵と詩の中に
大人になると、みえなくなっちゃうような、濁った心なんか
どっこにもないんだもん。
昨夕見た、夕暮れ時のあまりの綺麗さに、涙が出そうになって
中途半端な涙の出方だったから、残りの涙、今全部
はき出した、ありんこです。

涙ふきながら、横向いたらね、どれみがこんな形で寝ていたの。
も一回、泣きそうだよーー!
猫はいいな~。

IMG_0246.jpg



FC2 Blog Ranking
  ↑
 ポチッと押してね~♪
 
 
 
 
▲TOP